消費者金融の審査落ちしないために収入、他社借入、返済履歴、在籍確認の審査基準を確認する

消費者金融,審査基準,キャッシング

消費者金融の審査基準は各社で変わります。

 

主下記の項目が重要な判断基準になります。
審査落ちしないために以下の項目を確認しておきましょう。

  • 収入
  • 他社借入
  • 返済履歴
  • 在籍確認

消費者金融の即日サービスが充実しているおすすめランキング

アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)

ランキング3位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
特徴 即日融資は最短1時間で借入も可能です!
30日間金利0円サービスも実施中!

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
特徴 最短1時間融資なのでお急ぎの時も頼れる!
自動契約機の設置台数全国No1 夜・土日祝もOK!
女性にはプロミスレディースもあります!

SMBCモビット(SMBCグループ)

ランキング2位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
特徴 [10秒簡易審査]即日審査・即日融資のサービス
[WEB完結申込]秘密重視のサービス

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

レイクALSA(新生銀行グループ)

ランキング3位

実質年率 4.5%~18.0%
利用限度額 1万円~500万円
特徴 24時間お申込み可能!提携ATM手数料無料!
最短15秒で審査結果を表示!融資も迅速です!

消費者金融の収入・他社借入・返済履歴について

収入は当然高い方が有利になります。

 

しかし高収入でも

・ 他社借入件数が多い
・ 返済履歴に問題がある

という場合は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

 

借入件数が多いほど返済も増えるためお金を貸すリスクが増します。
そのため一般的には、他社借入件数は3件までです。

 

それ以上になると消費者金融での融資は難しくなると言われています。

 

返済の滞納や延滞をしている方

お金を貸しても返してくれるという重要な信用を失っているので審査はより厳しくなるでしょう。

それを踏まえると、収入はあまり高くないけど、他社の借入がない、返済に問題がない人の方が審査に通過できる可能性が高くなります。

消費者金融の在籍確認について

消費者金融では、在籍確認は金融法律で必ず行わなければならないものです。

 

申込み書に記入した勤務会社に在籍しているか、職場に事実確認の電話連絡を入れる審査になります。

審査に通過したいからと収入を高く記入したり、大手企業を記入しても高確率でウソがばれてしまうでしょう。

嘘の申込みでは審査に落ちるのはもちろん、他社の借入れ審査にも影響してくることになります。

消費者金融の審査基準について

消費者金融の審査基準は銀行カードローンに比べればゆるめとされています。

 

金融事故などの大きな問題を抱えている方だと難しいです。
しかし現在、安定した収入がある方でしたら、消費者金融の審査に通過できる可能性は充分にあるでしょう。

審査に不安がある場合は、借入限度額を低めに設定すると審査がスムーズになりやすいです。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<

消費者金融の審査基準は収入・年収が重視される

消費者金融,審査基準,キャッシング

消費者金融の審査基準の中で最も重視されるのは、収入・年収だと言われています。

 

借りたお金を返済するためには、必ず一定の収入を得ている必要があるからです。

 

無職で年収ゼロの状態だと返済できません。
そもそも貯金で返済するくらいなら借りる意味はないでしょう。

年収の1/3しか借りれない!?総量規制とは

 

お金を借りるための審査基準として、安定した収入があることは必須となります。

 

消費者金融の場合は年収の3分の1以内の融資となります。
これを総量規制といいます。

 

ビジネスローンは総量規制対象外

消費者金融のローンは無条件で総量規制の対象になると考えている方が多いです。
しかし、ビジネスローンに関しては対象外となります。

 

総量規制はあくまで一般消費向けのキャッシングやカードローンに限定されるものです。
ビジネスローンおまとめローンに関しては対象になりません。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<

消費者金融の審査基準で見られる他社借入と債務残高

消費者金融,審査基準,キャッシング

消費者金融から借りるとき、審査基準で他社借入債務残高を見られます。

 

他社借入、債務残高ともに少ないほうが審査では有利となります。

他社借入と総量規制の関係

 

消費者金融の多目的融資は総量規制の対象になります。

 

そのため、他社借入も含めて、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

他社から借入があると必然的に債務残高も増えます。
年収の3分の1に達していれば借りることができません。

他社借入は0~1件まで

審査とは返済能力を診断するものであります。
他社借入は0~1件程度が好ましいと言われています。

 

審査の厳しい消費者金融だと、2件の借入があると融資してくれません。

 

債務残高は総量規制の範囲内だから確実にOKというわけではなく、
最終的に消費者金融各社による審査基準で決定されます。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<

消費者金融では返済履歴が重要な審査基準になります

消費者金融,審査基準,キャッシング

消費者金融の審査基準の中に過去のクレジットやカードローンの返済状況に関する基準があります。

返済履歴が審査に影響する

 

消費者金融は信用情報登録機関に返済履歴を照会します。

 

その信用情報の中に正常支払いしかない場合には、問題なくその部分に関する審査を通過します。

しかし、遅延や延滞の情報がある場合には審査の通過がかなり難しくなります。

5年間は融資不可

 

信用情報登録機関の情報の中から遅延や延滞の情報が削除されるまでには5年かかります。

 

そのため、それまでは新規にお金を借りることは難しくなります。

強制退会の記録がある場合

 

強制退会となった記録がある場合にはその場で融資が拒否される場合がほとんどです。

 

過去に強制退会となった金融機関だとデータが一生残ります。
信用情報登録機関のデータとは関係なく永久に契約は出来ません。

 

消費者金融の審査基準の在籍確認は必ずあるの!?

消費者金融,審査基準,キャッシング

消費者金融の審査基準では、申込者が仕事をして収入を得ていることが前提とされます。

 

勤務先情報については嘘の記入をする方もいるため、申込時に入力した勤務先に対して在籍確認を取るわけです。

希望額が少ない場合は在籍確認がない場合も

 

在籍確認により在籍していないと判断されれば、融資が行われることはありません。

 

在籍確認は原則として消費者金融で行わなければなりません。

 

借入希望額がが少ない場合においては職場への在籍確認なしで融資してくれるとの意見もあります。

借入希望額というよりは個人信用情報の問題が大きいです。

パート・アルバイトでも融資OK

職場への在籍確認に関しては、仕事をしている方なら受けてもまったく問題ないはずです。

 

ほとんどの消費者金融の審査基準では、パートやアルバイトの方にも融資可能としています。

年収200万円未満でも融資を受けられる可能性は高いです。
ただし、総量規制で年収の1/3までしか借りれないです。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<