消費者金融の審査では総量規制が重要?上限金利引き下げのためには個人信用情報にも注意

消費者金融,審査,キャッシング

消費者金融の審査では、総量規制が重要になります。
年収の3分の1以上は法律的にどうしても借りられないようになっています。

 

例えば、年収300万円の人なら100万円が限度ということです。
すでにクレジットカードのキャッシング枠が30万円ある場合なら、70万円が限度になります。

借入限度額は高い方がいいの?

消費者金融,審査,キャッシング

限度額が上がるほど、上限金利引き下げになります。
そのため、限度額は高いほどよいでしょう。

 

消費者金融にもよりますが、限度額50万円以下なら金利18%になります。

 

そして限度額60万円から少しずつ金利が下がるようになっていくことが多いようです。

 

限度額を上げるためには個人信用情報も重要!

限度額を上げるためには、個人信用情報も重要になります。

 

消費者金融では過去に1回や2回の延滞があるくらいなら大目に見てもらえると言われています。

 

しかし、大目に見てもらえるというだけであって、確実に信用は下がります。

 

過去に延滞をしている記録がない人と、過去1年以内に延滞を3回している人では、他の条件が同じならどちらが信用があるかは明白です。

 

延滞・延滞は厳禁!

高い限度額で借りたいなら、個人信用情報に傷をつけないようにしておくことが重要です。

 

その会社のカードローンで延滞をしないことはもちろんですが、他社のカードローンやクレジットカードでも延滞をしないようにしておきましょう。

 

個人信用情報が良好なら、銀行カードローンの審査にも通る可能性が出てくるので、良いことづくしです。

消費者金融の大手消費者金融は審査がはやく即日審査と即日融資が出来ます

消費者金融,審査,キャッシング

消費者金融というと、以前は敷居が高いイメージがありました。

 

しかし、その便利さやテレビのCMなどでそのイメージが変わり、大手消費者金融を利用する人が、増えています。

 

大手消費者金融は、認知度が高く、多くの人が知っているため、安心して利用する事が出来ます。

 

消費者金融を利用する時に、この安心感こそ大切な事です。
お金を借りるのに、安心感がないと不安でお金を借りる事は、出来ません。

 

そのため、大手消費者金融の安心感は、利用する側からすれば大きな魅力です。

大手消費者金融のメリット

また、大手消費者金融は多くのメリットがあります。

 

即日審査・即日融資

ほとんどの、大手の業者は即日審査即日融資を行ってくれます。

 

急いでお金を借りたい時に、審査のスピードがはやいと本当に助かります。

申し込みはネットやスマホからOK

 

また大手消費者金融は、申し込みもインターネットスマートフォンから出来ます。

 

実店舗に行く必要もなくインターネットの環境があれば、どこからでも申し込みが出来ますから、とても便利です。

必要なときに必要なだけ借りれる

一度契約すれば、限度額までお金を何度でも借りる事が出来ます。

 

お金が必要な時に何度でも借りる事が出来て便利です。

便利な営業時間

 

大手の中には、平日だけではなく土日や祝日も利用出来る所もあります。

 

大手消費者金融は、お金の借り入れも返済も提携先のATMやコンビニのATMが利用出来ます。
仕事で忙しい人も借り入れも返済の時も便利です。

 

多くのメリットがあり、安心感があるため大手消費者金融は、
利用する人にとってが魅力的です。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<

消費者金融の審査に一発OKになるために必要なことは3つ!

消費者金融,審査,キャッシング

消費者金融の審査に一発OKになるために必要なことは3つあります。

審査に通るための3つのポイント

1.嘘の申告はしない!

まず大切なことは、申し込む時の個人情報を嘘をつかずに、正直に申告することです。

 

例えば、年収が高い方が審査に通りやすいと思って、嘘の年収を申告したら悪い印象を与えます。

 

50万円以上のお金を借りる時は、年収を証明する書類を提出しなければなりません。

 

給与明細などのコピーを提出することになるのですが、それを見たら年収ははっきりと分かります。

 

申し込む時の年収と一致しなければ、審査に落ちる可能性は高いです。

他社からの借り入れがある場合・・

申し込む時の自己申告で一番大切なことは、他社からの借り入れです。

 

それがある場合は、きちんと申告しましょう。

 

他の借り入れはないと申告しても、カード会社は信用情報機関であなたの借金を調べるので、すぐにばれてしまいます。

2.在籍確認をきちんと受けること!

 

在籍確認をきちんと受けることも大切です。

 

これはあなたが勤めている会社に、在籍を確認する電話がかかってくる手続きです。

 

自己申告した会社に席があれば、毎月一定の収入があると見なされて、審査に通りやすくなります。

 

自分の会社に電話がかかってくると、緊張しますが、カード会社の人は自分の会社の名前を出すわけではありません。

 

自分個人の名前で連絡してきます。

 

そのために会社の人にあなたがカードを作ったことが知られることはないので、安心してください。

 

3.一回の借り入れは50万円以下にする!

三番目に大切なことは、借りる金額です。

 

多めの金額を申し込むと審査に落ちる可能性があります。
もし可能なら50万円以下が良いです。

 

50万円以下だったら、収入証明の書類も必要ありません。

消費者金融と銀行カードローンを比較して一番の違いとなる審査基準

消費者金融,審査,キャッシング

消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、違いがあると言われるのが審査基準です。

■消費者金融の特徴

審査基準が比較的スムーズ

消費者金融は銀行カードローンよりも、比較的審査基準が緩くなっています。

 

そのため、正社員ではない派遣社員やアルバイト、パートの人でも借りることができます。

 

さらに個人事業主も借りやすいとされています。

 

また、職業だけではなく年収そのものが低い人も、審査基準が比較的緩いので借りやすくなっています。

 

消費者金融の審査基準が銀行カードローンに比べて比較的緩いのは、多くの人に貸し出すためです。

 

消費者金融は銀行カードローンと違い、お金を貸すことがビジネスの柱となっています。

 

多くの人にお金を貸して儲けるために、基準を緩めて借りやすくしているのです。

金利は高め

 

ただし、借りやすい分消費者金融は銀行カードローンと比較すれば、金利が高めです。

 

審査基準を緩めるほど、それだけ貸主はリスクを背負うことになります。

 

そのため、金利を高くしてリスクを減らしているのです。

 

■銀行カードローンの特徴

審査基準は厳しめ

 

銀行カードローンは、消費者金融と比較すれば審査基準は厳しいです。

 

派遣社員やアルバイト、パート、個人事業主では、借入が難しくなっています。

 

しかし、借入が難しい分厳選して貸し出しをしているので、返済不能になるリスクは少ないです。

 

金利は低い

 

そのため、銀行カードローンは消費者金融と比較すれば、金利が低く、利息が少ないので借主にとって優しい業者となっています。
審査基準に違いがあることによって、金利にも違いが出てくるのです。

 

ブラックで消費者金融を利用したい時|大手消費者金融と中小消費者金融の審査の比較

消費者金融,審査,キャッシング

消費者金融と一口にいっても、

  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融

の2つがあります。

 

この両者はどのような点で違うのでしょうか。

 

規模の大きさや知名度での違いもありますが、
借入審査の時に大きな違いがあるともいわれています。
では、その違いを比較してみることにしましょう!

 

大手消費者金融の特徴

審査の時、大手消費者金融の場合は、銀行ほどではありませんが、そこそこにチェックが厳しくなります。

 

個人信用情報にブラックがある場合は、お金を借りることができません。

 

とはいえ、大手の中にもブラックOKの消費者金融はあります。
この場合、初回の借入時は5万円ほどとかなり少なめになります。

 

しかし、きちんと借入と返済を繰り返していると、融資枠を広げてくれることもあります。

 

中小消費者金融の特徴

 

一方中小消費者金融の場合ですが、ブラックがあっても審査に通り、お金を借りることができる所もあります。

 

しかしその場合は、やはり借入額は少なめになります。
大体20万円から30万円と考えておくといいでしょう。

 

ただ、消費者金融によっては、ブラックがあっても50万円ほど借りられることもあります。

 

ただし中小消費者金融利用の際は注意が必要

 

ただしこの場合、ブラックがあって多額の融資をするという業者には要注意です。
その場合は、消費者金融を装った闇金である可能性が大きいです。

 

いざ借入の時には高金利を付け、返済できないとなると自宅に来たり、深夜や早朝でも電話をしたりと容赦ない取立てを行います。

 

ですから、ブラックで多額の融資を謳う会社は利用しないようにしましょう。
もし利用してしまった時は、弁護士や司法書士への相談がお勧めです。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<

消費者金融の審査に申し込める主婦と専業主婦の違い

消費者金融,審査,キャッシング

給料日まであと少しお金が足りない・・・。
毎月の家計のやりくりをしている主婦なら何度か経験しているのではないでしょうか。

 

パートなど収入がある主婦なら、消費者金融のキャッシングに申し込むことができます。

 

しかし、収入のない専業主婦の場合、総量規制という法律があり、消費者金融からの借り入れはできません。

 

専業主婦なら銀行系のカードローン

 

専業主婦の場合、借り入れが無理なのかというと、
銀行系のカードローンであれば、審査に通る可能性はあります。

 

この場合審査で判断されるのは、夫の勤務先や月々の収入額になります。

 

勤務先が公務員や大企業で信用が高い企業であればあるほど、審査に通りやすいといえます。

 

最近では、審査の時に専業主婦であっても身分証だけで審査に通る場合も増えてきました。

 

特に専業主婦向けにできている低価格でのローン枠を設けている会社もあります。

 

専業主婦が、消費者金融で借りられない理由

 

消費者金融が縛られている総量規制は、貸金業法という法律の規制です。

 

これは、個人の年収に対して3分の1以上の融資を行ってはいけないという決まりになります。

 

そのため収入のない主婦は融資が受けられなくなりました。

 

銀行系カードローンは総量規制対象外だからOK

 

主婦でも、パートやアルバイトで安定した収入があれば、消費者金融のカードローンに申し込むことはできます。

 

しかし、専業主婦の申し込みは不可能となります。
では、どうして銀行系のカードローンは申し込めるのでしょうか。

 

それは、消費者金融が貸金業法の管理下にあるのに対し、銀行は銀行法の管理下にあるからです。

 

そのため、総量規制の対象外となっていることから、専業主婦でも申し込むことができます。

 

▼即日サービスが充実しているおすすめ消費者金融ランキング▼

>>おすすめ消費者金融ランキングの詳細はこちらから!<<